トイレ掃除の方法

トイレ編

写真 トイレは、清潔にしておかないと悪臭などが発生してしまいます。
また、小まめに掃除をしておかないと、こびりついて落ちにくい汚れになってしまいます。気が付いたときに、その都度拭いたり、ブラシで擦っておけば、それほど汚れずに清潔さを保つ事ができます。小まめにお掃除ををしてキレイにしておきましょう。

便器のお掃除

トイレ用洗剤をかけて、ブラシなどで擦っても取れない汚れには、トイレットペーパーなどで湿布をする方法が効果的です。30分〜1時間ほど洗剤を湿布し汚れが軟らかくなってからブラシで擦ると良いでしょう。それでも落ちない、黒ずみや輪ジミ、黄ばみなどは、耐水ペーパー#1500番以上の目の細かいもので擦ると取れると思います。便器の縁の裏側の落ちにくい部分には、クレンザーを併用して使うと取れます。あまりにも頑固な場合は、プロのハウスクリーニングに頼む方が良いかもしれません。傷をつけずにきれいに取ってくれますよ。

貯水タンクのお掃除

貯水タンクの受け皿は、陶器製とプラスチック製などがあります。陶器製の場合は、便器のお掃除と同様でいいでいいと思いますが、洗浄水の蛇口がステンレスの場合は、トイレ用の酸性洗剤を長く置いてしまうと黒ずんでしまいますので注意が必要です。
プラスチック製の場合は、軟らかいスポンジで取り除いてください。固いもので磨くと傷が入りますよ。
洗浄水の蛇口は、クリームクレンザーをつけて、スポンジ、ブラシで擦ってきれいにしましょう。パイプも同様の方法でキレイになります。
また、貯水タンクの内部も汚れています。場合によっては、カビも生えてきます。これは、気をつけてやってほしいのですが、塩素系漂白剤をタンク内に入れて周りをブラシで擦ってしばらく置いておくとキレイになります。気をつけていただきたいのは、トイレ用の酸洗剤と絶対に一緒に使わないことです。タンク内のお掃除は、別の日に行いましょう。塩素系漂白剤ももったいないですから、まな板の漂白の残りを入れてもいいと思います。

ウォシュレットのお掃除

ウォシュレットのノズルも小まめにお掃除しましょう。ノズル掃除ボタンを押すとノズルがでてきます。ノズル掃除ボタンがない場合は、コンセントを一度抜いて、コンセントを入れて出てきたときに抜くと、ノズルが出てきた状態になります。
ノズルを無理やりひっぱたり、曲げたりしないように、左手で固定して、ブラシなどで擦って取りましょう。
  ご家庭でできる掃除の方法を箇所別に紹介
箇所別お掃除編
キッチン編キッチン・台所編     換気扇編換気扇・レンジフード編
バスルーム編バスルーム・浴室編   洗面所編洗面所編
トイレ編トイレ編           窓ガラス編窓ガラス・サッシ廻り編
フローリング編フローリング・床編    部屋編壁・天井・部屋編
カビ・ダニ・結露対策編カビ・ダニ・結露対策編  洗剤住まいの洗剤について