換気扇掃除・レンジフード掃除の方法

換気扇・レンジフード編

写真 ついつい面倒になって、見て見ぬフリをしてしまったり、掃除を先延ばしにしてしまう換気扇。
換気扇のお掃除は、部品を分解して洗剤に漬け込むか、洗剤でシップする方法で、比較的簡単に汚れをとることができます。
換気扇はレンジフードや本体部分などに塗装がしてあるものも多く、油汚れがひどくなっていたり、強い洗剤を使うと塗装を剥がしてしまう恐れがあります。また、アルミ部分はアルカリ洗剤による変色を起こす可能性もあります
そうなる前に掃除することと、汚れを防止することをしっかりしておきましょう。

換気扇掃除をする前に

換気扇を掃除すると、壁や真下にあるガスレンジまで汚してしまうことがあります。周辺を養生しておきましょう。ゴミ袋や新聞紙など汚れが付着しても捨てられるものが良いと思います。服装も汚れていいもの、ゴム手袋を着用して行って下さいね。
また、いらなくなったTシャツなどをお手ごろのサイズに切ってボロキレとして使うと便利です。油汚れを拭き上げて洗うことなく捨てることができます。使わなくなったTシャツなどは、捨てずにボロキレとしてスットックしておくといろいろな所に使えますよ。

換気扇掃除の分解

分解を行う際は安全のためにコンセントは抜いておきましょう。
取り外すというとは、また取り付けなくてはならないということです。外す前にしっかり確認して、細かいネジなどをなくさないように注意して下さいね。

換気扇部品の漬け込み、洗い方

漬け込みですが、シンクや大きめのタライ等でいいでしょう。周辺が汚れないようにゴミ袋やポリ袋などで養生しておきましょう。また、ダンボールに水が漏れないように2重にゴミ袋やポリ袋を張って漬け込みようの箱を作るのも便利です。
漬け込みようの洗剤を40度くらいのお湯に溶かして、取り外した部品を漬け込んでいきます。こびりついたしつこい油汚れは、あらかじめ割り箸やヘラなどで少しこさいでおきましょう。汚れのひどい部分を下にしてつけてください。30〜1時間ほどつけ、油が浮き上がってきたら、スポンジやブラシを使って洗います。しつこいよごれの場合は何度か繰り返して下さい。
油汚れがひどくなっていたり、強い洗剤を使うと塗装を剥がしてしまう恐れがあります。また、アルミ部分はアルカリ洗剤による変色を起こす可能性もありますので漬け置く際も注意して下さいね。

換気扇の汚れ防止

汚れを付きにくくすること、換気扇に付着する前にブロックすることが汚れ防止になります。
ポリエステル不織布のフィルターを換気扇に装着し、2〜3週間で交換して使うとしつこい汚れを手前のポリエステル不織布のフィルターでブロックしてくれます。市販で売ってあるものは、マジックテープで止めるタイプと磁石で止めるタイプがあると思います。どちらかというと、磁石のタイプがお勧めです。マジックテープは、いざ外そうとするときに両面テープの取り外しが面倒です。また、換気扇のプロペラなどは、汚れ防止のノリ状の製品が売ってありますが、ワックスやリンスで代用がききます。表面に透明の幕をはってくれますので、汚れを取るのが楽になります。
毎日使う度に、壁と一緒にお湯で拭き上げておくと楽にキレイを保てますよ。
  ご家庭でできる掃除の方法を箇所別に紹介
箇所別お掃除編
キッチン編キッチン・台所編     換気扇編換気扇・レンジフード編
バスルーム編バスルーム・浴室編   洗面所編洗面所編
トイレ編トイレ編           窓ガラス編窓ガラス・サッシ廻り編
フローリング編フローリング・床編    部屋編壁・天井・部屋編
カビ・ダニ・結露対策編カビ・ダニ・結露対策編  洗剤住まいの洗剤について