キッチンクリーニング・台所掃除の方法

キッチン・台所編

写真 毎日の使うキッチン、食べ物を扱う場所ですから、いつも清潔にしておきたいですね。キッチンには、料理による油の飛び跳ねや、シンク周りの水垢、生ゴミ等による排水口のぬめり、カビ、異臭など掃除をするところがたくさんあります。
汚れを溜め込まないように、食器を洗った後に、シンク周り、排水口を一緒に洗ったり、レンジ周りを拭いておくと楽になるでしょう。

シンクのお掃除

ステンレス製
ステンレスは、傷をつけないように磨きましょう。スチールタワシやナイロンタワシの目の粗いもので磨くと細かい傷になってしまいます。スポンジにクレンザーをつけて磨きましょう。また、ステンレスには目がありますので目に沿って磨いていきましょう。通常、真正面に立つと横目になっていると思います。ステンレスは、一定方向に磨くとツヤが出る特性があります。段差や磨きにくい細かい箇所は、歯ブラシ、竹串、割り箸などを使って磨くと良いでしょう。
人造大理石
写真 黒ずみなどは、スポンジにクレンザーをつけて磨きましょう。それでも取れないシミは、耐水ペーパー#1500以上の目の細かいもので磨いてみてください。また、黄ばんだシミには還元系漂白剤のハイドロハイターが効果的です。黄ばみに40度程のお湯を掛け、ハイドロハイターの顆粒を振りかけて、キッチンペーパーなどでシップすると15分ほどでキレイになります。黄ばみがひどい場合は繰り返してください。

蛇口のお掃除

水道の蛇口付近は、水道水に含まれる鉱物が固化したスケールと呼ばれる汚れの付着が一番やっかいです。固まった水垢は割り箸などで傷つけないようにこさいで取り除きましょう。そのあとでスポンジにクリームクレンザーをつけて磨きます。細かいところは歯ブラシなどを使うと良いですね。スポンジの変わりに軍手を使うのも面白いです。ゴム手袋をして軍手をして下さいね。手と同じですから、使い勝手が非常に良いです。使い古しのストッキングも面白いです。蛇口の裏などは磨きやすいですね。
また、酢と重曹でもきれいになりますよ。蛇口全体に酢をかけてキッチンペーパーなどで湿布し、しばらく置いてから流します。その後に少し湿らせた重曹をクレンザー代わりに使って磨いても結構きれいになりますよ。酸性の酢で水垢を軟らかくした後、アルカリ性の重曹で磨いきますので中和もしてくれます。
蛇口がくすんでいるとなんだかキレイに見えないので、いつもピカピカが気持ちがいいですよ。

排水口のお掃除

流し台の排水口は、食べかすなどでぬめりや悪臭、水垢とすぐに汚れてしまいます。ゴミ受け、排水トラップ、排水口のぬめりや汚れは、軽めの場合は食器用洗剤とブラシで取れますが、しつこい場合は塩素系漂白剤を使うとで除菌しながらキレイになります。
また、水垢やぬめりを防止するには、専用のグッツ等も売られていますが、10円玉でも代用ができます。銅のイオン分解の作用で汚れとぬめりを防止してくれます。10円玉を5枚ほど使い古いしのストッキングに入れ、排水口にぶらさげておけばOKです。

ガスレンジ・五徳のお掃除

頑固な油汚れ、焦げ付きが厄介なのが五徳です。五徳、受け皿、グリルなどを外してアルカリ洗剤に漬け込みましょう。汚れをふやかして、金属タワシなどで磨いてみてください。強く擦りすぎてしまうと傷になりますので用心して下さい。また、大きな鍋が家にあれば、鍋に水を入れて五徳を入れて煮ても軟らかくなります。頑固な汚れなのでふやかしてから取り除くというのがコツになります。頑固にならないうちに、使うたびに掃除をしておくと、大変な作業にならなくてすみますよ。
  ご家庭でできる掃除の方法を箇所別に紹介
箇所別お掃除編
キッチン編キッチン・台所編     換気扇編換気扇・レンジフード編
バスルーム編バスルーム・浴室編   洗面所編洗面所編
トイレ編トイレ編           窓ガラス編窓ガラス・サッシ廻り編
フローリング編フローリング・床編    部屋編壁・天井・部屋編
カビ・ダニ・結露対策編カビ・ダニ・結露対策編  洗剤住まいの洗剤について