カビ、ダニ、結露対策

カビ、ダニ、結露対策編

最近のお住まいは、気密性が高くなったこともあり、冬でもダニやカビが発生してしまいます。
カビの発生や、ダニの繁殖はアレルギーや喘息の原因にもなります。カビ・ダニ・結露を抑えて健康的な生活を送りましょう。

カビ対策

写真 カビと言えば、浴室というイメージですが、カビは色々な場所で発生し繁殖しています。
カビが繁殖する条件は、5度〜45度で繁殖し、最も盛んになるのは、20度以上、特に28度前後です。湿度は60%以上で繁殖しますが80%以上になるとカビにとっては天国となります。また、カビはホコリ、汚れ、塗料、石けんカス、皮脂油などを栄養素としています。
温度、湿度、栄養素のポイントを抑えてカビの繁殖を防いでいきましょう。
カビを防ぐには、湿度を上げないことです。換気をよくして空気を入れ替えましょう。 天気の良い日は窓をできるだけ開けて、換気扇があれば回し、お部屋ならば除湿機やエアコンで除湿し湿気を取り除いてあげましょう。

家の中のカビがもっとも生えやすい浴室とキッチンの予防
浴室には、カビの生えやすい条件がもっとも揃っているといっていいでしょう。換気を怠ることがもっともカビを繁殖される原因です。
  • 入浴後はシャワーで汚れを洗い流しておく
  • 水分をタオルでふき取る
  • 窓を開けたり、換気扇を回して通気を良くする
  • 風呂フタやすのこは、毎回立てかけて水分を切っておく
などです。
キッチンは高温多湿で、カビの栄養源も豊富です。
  • 流しの下はカビの宝庫です。時々物を出して拭き上げましょう
  • 排水口、三角コーナーは塩素系漂白剤で除菌しましょう
  • 料理中は換気扇を回して蒸気を逃がして上げましょう
  • 冷蔵庫も小まめに掃除しましょう。消毒用エタノールが効果的です

ダニ対策

ダニの繁殖条件は、温度が20〜30度、湿度が60〜80%ぐらいです。高温多湿を好みます。また、ホコリ、食べカス、フケなどがダニのえさになってしいます。ホコリ1グラム中にダニが200匹ぐらいいるといわれています。ただ、チリダニは人を刺すことはありませんが、チリダニが増えてくるとチリダニをえさとするツメダニが発生してしまいます。また、ダニの死骸、フンが喘息やアレルギーの原因のひとつとなります。
ダニを防ぐためには、換気をよくして、湿度を下げることです。また、ふとんや、カーペット、じゅうたんなどは、天気の良い日に外に干しましょう。畳も上げれれば、上げて風を通したほうがいいです。それと掃除機を小まめに掛けてください。ダニのえさとなるホコリを取るばかりでなく、ダニの死骸やフンもしっかり取り除きましょう。

結露対策

結露は、外気と内気の温度差によって水滴が起きる現象です。水滴ができるだけではそんなに問題ではないのですが、その水分によってカビの発生、建物を傷め兼ねないので注意が必要です。結露対策も、湿度を下げることと換気をよくすることが重要になります。
押入れの結露には、湿気取りを入れたり、断熱効果のあるボードを貼り付けるのが効果的です。窓の結露には、雨戸を閉めたり、厚手のカーテンなどが効果的です。また、ホームセンターなどで売ってある断熱シールや、結露の水滴を取るテープなどがありますが、はがすことも考えて、剥がしやすいタイプのものを選びましょう。

クエン酸スプレー、エタノールスプレーの作り方

クエン酸スプレー
200mlの水に小さじ1杯程度でOKです。あまり多くクエン酸を入れるとかえって汚れが落ちなかったりします。
エタノールスプレー
薬局などで市販されているエタノール(アルコール)には、無水エタノールと消毒用エタノールがあります。
エタノール(アルコール)を99.5%以上含有するものを、無水エタノールといいます。無水エタノールを80%くらいの濃度にしたものが消毒用エタノールです。どちらでもいいのですが、アルコールで揮発性が高いため、殺菌、消毒の時間を取るためにも水で薄めて使ってみてください。
無水エタノール:水 6:4
消毒用エタノール:水 8:2
  ご家庭でできる掃除の方法を箇所別に紹介
箇所別お掃除編
キッチン編キッチン・台所編     換気扇編換気扇・レンジフード編
バスルーム編バスルーム・浴室編   洗面所編洗面所編
トイレ編トイレ編           窓ガラス編窓ガラス・サッシ廻り編
フローリング編フローリング・床編    部屋編壁・天井・部屋編
カビ・ダニ・結露対策編カビ・ダニ・結露対策編  洗剤住まいの洗剤について