フローリング・床掃除の方法

フローリング・床編

写真 フローリングの床は、合板に化粧板を貼り合せたものを組み合わせた構造になっています。表面には、樹脂で加工してありますが、時間とともに摩擦等でツヤがなくなってきます。
日頃のお手入れを間違うと、表面だけでなく、材質の奥まで傷めてしまうことになります。また、日当たりのよい窓際近辺では、化粧版がカサカサになったりで、キレイな状態に戻せなくなる場合もあります。
美しいフローリングを保つためにも、ワックスなどで保護をする皮膜を作って、お手入れしましょう。

フローリングのお掃除

フローリングは水分を嫌うのですが、すっきりさせたいのであれば、固く絞った雑巾で水拭きして下さい。汚れがひどいなら、住宅用アルカリ洗剤を使って拭きます。このときに、ワックスが掛かっているフローリングでは、ワックスを剥がすこともありますので要注意です。ワックスを剥がさない程度に薄めて使うと良いでしょう。
また、使い捨てのペーパーダスターモップも効果的です。掃除機で吸いきれなかった細かいほこりや髪の毛を吸着してくれます。
水拭きと空拭きを用途にあわせて使い分けると良いでしょう。

ワックスの塗り方

ワックスを塗るのに一番重要なのは、下地です。キレイな状態で塗らないとワックスの下に汚れが入り込んでしまいます。また、汚れがひどい場合や、ワックスが古く黒ずんだりしている場合は、古いワックスを剥がす、剥離が必要になってきます。
キレイな下地ができたら、ペーパーダスターモップで再度、細かいホコリ等を取り除きましょう。
ワックスは、部屋の隅から塗り始め、終わりが部屋の出入り口になるように塗っていきましょう。

フローリングの補修

フローリングの補修するものが、市販でも色々と売られてます。浅い傷には、ペンタイプ、深い傷には、クレヨン、ロウタイプなどがあります。フローリングの色合いをあわせるために色も多くの種類あります。色合わせの基本は、薄めからあわせていくことです。
フローリングの補修も、ワックスを塗る前がお勧めです。補修した部分もワックスで保護するからです。キレイに仕上げたければプロに頼むのもよろしいかと思います。
  ご家庭でできる掃除の方法を箇所別に紹介
箇所別お掃除編
キッチン編キッチン・台所編     換気扇編換気扇・レンジフード編
バスルーム編バスルーム・浴室編   洗面所編洗面所編
トイレ編トイレ編           窓ガラス編窓ガラス・サッシ廻り編
フローリング編フローリング・床編    部屋編壁・天井・部屋編
カビ・ダニ・結露対策編カビ・ダニ・結露対策編  洗剤住まいの洗剤について