バスルームクリーニング・浴室掃除の方法

バスルーム・浴室編

写真 お風呂は、1日の疲れを癒す、リフレッショする場所としてキレイにしておきたいですね。毎日小まめに掃除と換気をしておくとそれほど汚れないのですが、ちょっと気を抜いてしまうと、湿度や石けんカス、皮脂などを栄養素にカビが生えてしまいます。また、乾いた湯垢は、石けんカス、皮脂汚れなどに水道水のカルシウムイオンが反応して、金属石けんと呼ばれる、落ちにくいな汚れへと変化して掃除が大変な場所へとなってしまいます。
毎日の入浴後、まだ温かいうちに残りのお湯でスポンジでこすれば、洗剤なしでもキレイに落ちます。清掃道具を浴室に用意して小まめに掃除をしておきましょう。換気もお忘れなく。

浴槽のお掃除

しつこくこびりついた湯垢は、浴室用洗剤をティッシュやキッチンペーパーに湿らせ、シップしておきましょう。5〜10分ほど置き、湯垢が軟らかくなったところでスポンジなどで擦ります。研磨が強いスポンジは浴槽を傷つけてしまうため気をつけてください。なかなか取れないときは繰り返し行ってください。また、人造大理石の一部やポリ浴槽などは変色する恐れがありますので、目立たない箇所で試してから行ってください。部分的に取れない箇所はクレンザーを使うと良いでしょう。傷をつけないように気をつけましょう。浴槽は細かな傷がついていしまうと、そこに汚れが入り込み取りづらくなってしまいます。
浴室用洗剤の変わりに酢やクエン酸を、クレンザーの変わりに重曹を使っても面白いです。酢やクエン酸の酸の力で湯垢を軟らかくしてくれます。ただし、酸性ですので塩素系漂白剤と一緒に使ってはいけません。

壁、床、天井のお掃除

壁や床の汚れは、スポンジやブラシで浴室用洗剤をつけて擦ります。落ちにくい汚れは、浴槽同様に洗剤をシップしてから行うと効果的です。本来水垢には、塩酸が効果的なのですが、ご家庭ではお勧めしません。どうしても取れない場合はプロのハウスクリーニングを利用してみる方が良いと思われます。天井部分や壁の高いところのカビ取りは、長い柄付きスポンジがあると便利です。塩素系漂白剤を塗布していきましょう。その時にあまり擦らないようにしましょう。擦りすぎるとカビの胞子が飛んでしまいます。またカビをしっかりと殺菌するため一定の時間置いておきましょう。

シリコン系充てん剤のカビ取り

室内には隙間やつなぎ目を埋めるためのシリコン系充てん剤がいろんなところに使われています。表面についた汚れであれば、浴室用洗剤をつけてはブラシなどで軽く擦れば落ちます。しかしほっておくとカビが根を張ってしまう厄介な場所です。弾力性のあるシールですから、強く擦らずにジェル状タイプのカビ取り剤を使うと効果的です。換気をよくして、マスクをして、カビ取り剤を塗ってしばらく置いておきましょう。カビが取れたらしっかり水洗いして下さい。

シャワーのお掃除

シャワーヘッドの水が出る部分の穴も目詰まりしますので、浴室用洗剤、クレンザーを使ってキレイにしておきましょう。目詰まりがひどい場合はマチ針の先で傷をつけないように突っつくと目詰まりを解消できるでしょう。塩ビ素材のシャワーホースは凹凸部分に汚れやカビが付着してしまいます。浴室用洗剤で落ちない場合は、塩素系漂白剤をスポンジで塗って少しおいておくとキレイになります。
浴室はどうしても、しつこいカビなどが生えてしまい塩素系漂白剤を使う事になることも多くなります。換気をよくして、マスクをしてからご使用下さい。絶対に、酸性洗剤とは一緒に使わないで下さい。あまり無理せず、プロのハウスクリーニングをご利用になるのもひとつの方法だと思います。
塩素系の漂白剤やカビ取り剤ほど効果はありませんが、キレイであれば、クエン酸スプレーや乳酸系カビ取り剤、エタノールスプレーなどでカビ対策ができますよ。カビ・ダニ・結露対策編で、クエン酸スプレー、エタノールスプレーの作り方を紹介してあります。
  ご家庭でできる掃除の方法を箇所別に紹介
箇所別お掃除編
キッチン編キッチン・台所編     換気扇編換気扇・レンジフード編
バスルーム編バスルーム・浴室編   洗面所編洗面所編
トイレ編トイレ編           窓ガラス編窓ガラス・サッシ廻り編
フローリング編フローリング・床編    部屋編壁・天井・部屋編
カビ・ダニ・結露対策編カビ・ダニ・結露対策編  洗剤住まいの洗剤について